インプラントについて

HOME > インプラントについて > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

診査・診断

専門医師によるインプラントの診査・診断

口腔内の診査、口腔内模型、歯科用3次元CT撮影等の診断用の資料を取ります。コンピューターによる解析などを加えて、診断を下します。

千仁会でのインプラント治療は、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。

治療方針の説明

上記の診査・診断をふまえて、どのようなインプラントを、どの場所に、何本埋め込むか、噛み合わせを構築するまでの流れ、およびタイムスケジュールなどの説明をします。

インプラント埋入手術

インプラントを歯槽骨内に埋め込みます。

手術は、局所麻酔下で、全身状態の管理(血圧、心電図、酸素分圧等)を行ないながら進めます。手術時間は、インプラント1本の埋め込みで30分程度です。

  1. 骨を削るドリルで骨を削ります。
  2. インプラントを入れるための孔インプラントを入れるための
    孔ができました。
  3. インプラント埋入インプラントを
    埋めこみました。

インプラントが骨に結合するのを待つ時間

インプラントが骨にくっつくまで

インプラントと骨がしっかりくっつくまで約6~24週間待ちます。

結合までの期間は、骨の状態など様々な条件によって異なります。この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。

上部構造をかぶせて噛み合わせを構築

ストローマンインプラントなら、ここで人口の歯を取り付けます。手術2回式インプラントの場合は、ここでもう一度手術をして、インプラントの頭を出さなければなりません。

札幌 千仁会の歯科 一覧